shikumika’s diary

日々の事務作業で手間なことを簡単にできる仕組み(自動化、方法など)、困ったことの解決方法を調べた備忘録

Excelでセル内改行を一括で削除する方法。SUBSTITUTE関数や「Ctrl+J」等。

Excelのデータ整理時、改行を一括で削除したい時の備忘メモ。

主な方法は次のとおり。

  • 「検索と置換」で「Ctrl+J」を使って置換
  • SUBSTITUTE関数かCLEAN関数を使って置換

なお、次のように「○回目に出現する改行のみ削除したい」という場合は、SUBSTITUTE関数であれば指定可能。

2回目に出現の改行のみ削除する場合

 

以下、補足です。

「検索と置換」で「Ctrl+J」を使って置換

この方法は、検索と置換の画面で、検索する文字列に「Ctrl+J」、置換後の文字列は未入力とすることで、改行を削除可能です。イメージが持てない場合は、次の記事をご覧ください。

shikumika.org

 

SUBSTITUTE関数、またはCLEAN関数を使って置換

Excelの数式を使って改行を削除する場合は、SUBSTITUTE関数、またはCLEAN関数を使います。

「○回目に出現する改行のみ削除したい」という場合は、SUBSTITUTE関数であれば指定可能です。CLEAN関数は、印刷できない文字(タブや改行文字など)をすべて削除する関数です。シンプルな関数なので、とにかく一括で削除したい場合には便利です。

2回目に出現の改行を削除する数式の例

=SUBSTITUTE(A2,CHAR(10),"",2)

SUBSTITUTE関数、またはCLEAN関数の使用例

 

 

以上、Excelのデータ整理時、改行を一括で削除したい時の方法でした。

一時的な処理であれば、「検索と置換」で「Ctrl+J」を使って置換、数式を使っての繰り返し処理が必要であれば関数でとなります。

 

細かな条件で置換したい場合の補足

「○回目に出現する改行のみ削除したい」という場合は、SUBSTITUTE関数となりますが、更に細かな条件で置換したい場合は、SUBSTITUTE関数と、IFなど条件式などの組合せとなります。複雑な数式になる場合、正規表現を使った置換を組み合わせるとシンプルにできるかも知れません。

次の記事は、Excelで正規表現の置換をする場合の参考例です。

shikumika.org

shikumika.org