shikumika’s diary

日々の事務作業で手間なことを簡単にできる仕組み(自動化、方法など)、困ったことの解決方法を調べた備忘録

ピボットテーブルの並び替えが思いどおりにならない時のチェックポイント

Excelピボットテーブルの並び替えが思うようにいかず、出来ないものと勘違いしていたので、その解決方法のメモ。

並び替えができないと思っていたのは、

  • 行フィールドに2つ以上の項目あり
  • 列フィールドにある総計以外

といったパターン。

この場合も、降順など並び替えがきちんとできた。単に操作方法が誤っていた。

Excelをよく利用している人でも、勘違いしている人が多いのでは?)

 

手順

行フィールドに2つ以上の項目をいれた場合、値の昇順などが思うようにできずに困っていた。

 

例えば、このようなピボットで、並び替えをしたい値(この場合は「$C$7」)をクリック後、値順に並び替えしようとしたとき、思うように並び替えができない。

 

赤枠内の文字をよく読むと、

個数 / 商品IDをキーとして、この列の値を使用して 年代 を降順 で並び替えます

となっている。並び替えの対象は、行フィールドにある一階層上の項目ということ。

それで最上位の階層の並び替えが思うようにできなかった。

 

勘違いしていたが、並び替えをしたい方の項目や値(この場合は「$A$6」「$A$7」など)を選択して、並び替えをクリックすると、次のように先ほどとは違う画面が表示される。

 

ここで、昇順・降順の基準となる値を選択して、実行する。

 

そうすると、意図どおり並び替えができた。

 

特定の列の値で並び替え

さらに、次のように総計ではなく特定の列の値で並び替えをしたい場合がある。

 

この場合は、前述と同様、並び替えをしたい方の項目や値(この場合は「$A$6」「$A$7」など)を選択して、並び替えをクリック、「その他のオプション」をクリックする。

 

その後、並び替えをしたい値(この場合は「$C$7」)を選択して並び替える。

 

そうすると、特定の列の値で並び替えができた。