shikumika’s diary

日々の事務作業で手間なことを簡単にできる仕組み(自動化、方法など)、困ったことの解決方法を調べた備忘録

【Power Automate】「Microsoft Edgeを制御することができませんでした」のエラー発生と対応例

Power Automate Desktopで、WEBページのデータ処理を自動化するため処理を実行しようとするとエラーが発生。エラーが発生しない時もあり、エラー内容と対応例の備忘録。

内容:

エラーの内容

Power Automate Desktop(PAD)で、Microsoft Edgeを起動し、ログイン画面にテキスト入力し、ログインするだけのシンプルなフローで次のエラーが発生。

ただし、エラーが発生しない時もある。

工ラ-の詳細
Microsoft Edge を制御することができませんでした。Edge was launched but could not get the active tab within the remaining timeout period(59seconds).You may increase the "Timeout" parameter in the action.

Microsoft Edge を制御することができませんでしたのメッセージ

エラーの発生画面

対応内容

原因の詳細把握ができていないが、Edgeで複数のプロファイルを利用した表示中にエラーが発生していた。

今回は、プロファイルを一つのみ表示か、全てEdgeを閉じた後で、上記フローを実行するとエラーが解消された。

複数のプロファイルを表示中に、Power Automate Desktopで、Microsoft Edgeを操作するときは、注意が必要と思われる。

 

Microsoft Edgeのプロファイルの参考:

support.microsoft.com

以上、Power Automate Desktopで、「Microsoft Edgeを制御することができませんでした」のエラー発生と対応例でした。