shikumika’s diary

日々の事務作業で手間なことを簡単にできる仕組み(自動化、方法など)、困ったことの解決方法を調べた備忘録

PDFをExcelにインポート、繰り返し業務ならPower Query(パワークエリ)が便利

毎月、同じレイアウトのPDFファイルをExcelに転記するなど、「繰り返し、PDFからExcelへのデータ抽出業務」がある場合、Power Query(パワークエリ)が便利だったので備忘のメモ。

具体的には、

  • 行政が毎月更新、公開しているPDF形式(透明テキストPDFの状態)の一覧データがある。
  • 分析のためにPDFファイルから必要箇所を毎月データ抽出し、Excelで編集する。

という業務で、Power Queryを利用。 Excelのバージョンは、Microsoft® Excel® for Microsoft 365 MSOで実施。

もともと、変換ソフトなどでPDFファイルを読み込み、テキストの書き出し、Excelの表に貼り付けといった作業をしていました。 その後、Power QueryでPDFインポートが出来ることを知ってからは、次の方法で実施。

shikumika.org

Power Queryのインポートでいけるなら、必要箇所の抽出、Excelへの転記が「データ更新」のクリック1つでできます。 「繰り返し、PDFからExcelへのデータ抽出業務」があるなら、次の相対パスを活用することでフォルダ内のファイル変更だけデータ更新でき、作業の効率化が図れました。

shikumika.org